ついつい言っちゃう「会社を3年で辞める」というセリフについて

春ですね。(暴風雨に家を揺らされながら)

しょーりです。

社会人暦が2年目に突入し、やることも色々増える日々でございます。

入社当初に想像していた今の自分とギャップがあるかで言うと、あるはあるなぁと思うわけです。

まぁそもそも当時の自分が、来年どういう風に何をしているかをイメージできていなかっただけではありますが。(ざっくり何かしらのプロダクトオーナーをやりたいなぁ、自分で責任を取って裁量権のある仕事をしたいなぁぐらい)

半ば近しいことは出来始めてはいるものの、やってみないと見え始めない具体が遥かに多いのが現状です。

僕も少し前まではタイトルにもあるように「3年で辞めるぜ!」派でした。

そんな考えなので、何だかんだ何年も残っている先輩を見て、「なぜまだ辞めないんだ?」と疑問を余儀なくされていました。

ですが最近何となく分かってきたことがあって、3年目から脂がのり始めて美味しい経験が満載になるので、それ以上に強い意志がなければわざわざ辞める必要が生まれないということです。

勿論、これは僕がまだ経験できていない将来の話で、あくまで推測でしかなく、全員に脂が乗ることはありえない、且つそれほど強い意志を持たずに言っている人もいる前提ですが、割とありそうな推測でございます。

そして、3年目のそのタイミングにならなきゃ辞めているかは分からんなぁ、というのが本ブログのオチでございます。

1年目というのは課題の難易度は別として、「こいつはちゃんとできるのか」「任せても大丈夫なのか」という意思決定をするべく、上司が見守ってくれているお試し期間だと思います。

そして2年目になって、合格であれば一人立ちを促進してくれ、今まで上司がせき止めてくれていた様々な負担が一気に増えるものの、自分の意思で動けるようになるテスト期間になります。

この2年目の終わりのタイミングまでにちゃんと結果を出していると、翌年からが最高になるわけですね。

3年目は2年分の実績を元に自身の評価が形成され、それに伴って面白いプロジェクトへのアサインが決定しそうです。面白いプロジェクトとは難易度の高い失敗できないもので、結果を出せる信頼のできる人に任せなきゃいけない、そのような人にしか任せられないものです。

自身の経験と、会社からすると末端の僕とその真逆の立場に位置する方と話をする機会を元に推測した上記の仮説ですが、その方の話が面白かった。

「この役職になると何でもできる機会はあるけど、それを実行することのできる人間がなかなかいない。」

上にいけばいくほど面白い案件が溢れかえるものの、任せられる人間がいないんですね。

組織とはピラミッド式と言われますが、中間職のボリュームをいかに増やすかが鍵だなぁと思いました。(当たり前)

そこの歩み寄りってやっぱり難しくて、ボトムアップでの歩み寄りとトップダウンでの歩み寄りはアプローチが異なるだけではなく、難易度も変わるからです。

なんかこの辺りは普通に仕組み化できそうだなぁとは思いますが。

話を戻すと、上層部が「やらなければいけないこと・やりたいこと」が無数にある中で、それをこなせる人間が足りていなさすぎるのがどこの職場でも課題なので、「ちゃんとそれができる」という人間にはそりゃあチャンスが降ってくるわけです。

ちなみにでいうと、僕は2年目になる間近に「これぐらいが任せてもらいたい」という要望はあって、それが満たせていなければ割とパワーの割き方を考える予定でした。(例えば副業や創作活動に勤しむなど)

勿論、僕も会社の事業課題ではなく、自身の解決したい課題について考えてはいて、それが解決できる見込みがあれば、今すぐにでも今の会社を辞めるんだろうなぁと思います。

ただそれは一旦置いておき、社内での自分の仕事を考えた時に、2年目の始まりですら既に3年目の自分のしているであろう仕事が楽しみなので、もっと頑張ろうと思えるわけです。

実力主義社会では、結果を出せばいいだけなんですから。

会社と合わなくて辞めるは仕方がないとして、ただの努力不足で結果を出せずにネガティブ要因で辞めるのは何だかなぁと思います。

ポジティブ風(実はこっちがしたかったんです!)を演じつつも認知的不協和で辞める人もチラホラいますが、まぁなんというかもう察するものがありますね。

割と肌感でいうと「3年で辞める!」というタイプの人はそういう人が多いです。

そういう人に限って「元◯◯」とか「××立ち上げ」とプロフィール欄に書きがちですけど、生齧りしかしていないのに何がわかったんだろうなぁと不思議な気持ちでいっぱいです。

ケツを決めるのは否定しませんが、何となくで言うのはあまりにも色々と本質的ではなさすぎるなぁと思いましたとさ。

何かしらの習慣は自身の体調に気づく指標になるなという話

家に帰ると、洗濯物が風に吹き飛ばされていました。

しょーりです。

 

無意識下にではなく、有意識下で習慣をつけています。

 

例えば読書だったり、早起きだったり、元々は苦手だったことを意図的に継続しています。

 

それでふと気付いたのですが、意図的に継続する意思のあることが、できていない状態って異常なことじゃないかと。

 

なぜなら唐突に苦手なことをするのではなく、苦手でも強い意志を持ってそれなりに継続していることなので、わざわざやめることはほぼありえないからです。

 

ということで最近早起きできずに、ナチュラルに寝坊したことの原因はなんだったんだろうと考えてみたわけでございます。

 

そもそも起きる気は十二分にあったわけで、起きられる準備は毎日しているわけです。

 

起きたい1時間前からジャブのようなアラームをかけつつ、本気で起きたいタイミングで5分おきにアラームをかける。

しかもスマホ2台体制で、片方はマナーモードで震わせる。

寒いと起きれないので、少し体を動かすと自動検知で作動するヒーターも設置できていた。

寝ぼけながらも電気をつけられるように、電気のリモコンも枕元に。

 

なので基本的には問題なく、じゃあ心身の何かが悪かったのか。

前日にお酒を飲んでいたわけでもなく、夜更かしをしていたわけでもなく。

 

となると気付かぬところで謎の疲労が溜まっていたのか、よくよく考えるとそんな気もしました。

 

そう言えば過去にもやたらと考え事をした時に、翌日爆睡してしまったことがあります。

 

つまり、ある一定以上の考え事をして脳みそを酷使すると、自覚しにくい謎の疲労が溜まっているんだなぁとそんな気がします。

 

あ、普段の仕事はこういう感じのことをやっています。

 

読書もそうだなと思います。

 

苦手なりに興味があるから読んでいるのですが、頭に入らず何度も何度も同じページを読むことが多々あります。

 

最近は耳から別の情報をインプットしながら、目だけで読むみたいなことをしているから余計に集中力がないと、両方が無駄になります。

 

これ、めちゃくちゃ疲れるのですが、シンプルに情報獲得効率が向上するのでオススメです。

 

それはさておき、本を読めない時も、寝てしまう時は寝不足だなぁと思えます。

 

音を遮断していても読めない時は疲れてるなぁ、何か疲れるようなことしたっけと思い返すとパターンが見えてきます。

 

まぁ基本何かしらを考えすぎることしかないんですけど。

 

いやほんと、もっと同時に何かしても、難しいことを考えても疲労しないように、脳みその耐久性を上げないといけないと思いました。

 

学生から新社会人UXデザイナーへの変化と早くも年末ですね

年末ですね、今やたら汗かいてます。

しょーりです。

新卒で入社した会社も、早くも仕事納めで冬休みになりました。(冬休みという表現であってるのかはさておき)

環境がめまぐるしく変わるなんて表現を扱うには大袈裟すぎますが、それなりに変化があったなぁなんて思うわけです。

そうそう、前にアンケートをとった結果をやっとこさ書こう、そんな気分です。

自分で書いときながらざっくりしとんなという「今の会社について」ですが、フォロワー的に同時期に社会人になった人やスタートアップ界隈、来年から社会人になる後輩が多いのかなぁと思います。

なので項目的にも以下の感じで書いていきます。

1.What:どんな会社で何をしているの?

2.How:どのようにしているの?

3.社会人になって変化

他にも知りたいことがあったらいつでも連絡くださいませ。

では早速いきましょう。

 1.What:どんな会社で何をしているの?

これ、社名出すのあんまりよくない気がせんでもないので濁らせますが、◯◯されたら××というキャッチコピーで有名な某サービスの会社で、UXデザイナーとして働いております。

この穴埋め面白いですね。

右ほほを打たれたら左ほほも出しなさい(聖書かよ)

やられたらやり返せ、倍返しだ(リーガルハイかよ)

果てしなく話がそれましたね。

はい、UXデザイナーやってます。

何ですかそれ?って感じですよね。

一般的な解釈で説明すると、UX(User Experience)に集約するのですが、UX自体は顧客体験を指す用語です。

その場面によって顧客の体験をスムーズにしたり、感情を芽生えさせたり、とまぁ広義で抽象的な捉え方ができます。

ちなみに僕は「取りたかった行動を自然に取れている状態にする」という解釈をしています。

まだ、ここにない出会いを。ですね。

おっと。

部署や担当プロダクトにもよりますが、僕の配属されている部署は他部署よりも、優しい環境だなぁと思うことが多々あります。

色んな意味で優しく、体育会系ノリで詰められることもなく、心理的安全をとても感じます。

求めると色々やらしてもらうこともできますし、求めなくても勝手にやることもできます。

ただし、自分の担当はしっかりこなしている前提です。

割と飛び級とかあるんでしょ?ってイメージの弊社ですが、それは目の前のことをちゃんとやっているからだなぁと先輩方の動きを見て思います。

目の前のことをちゃんとやる→信頼してもらえる→次に大きな案件を任せてもらえる

この繰り返しです。

まぁ、社外の人に聞くとあまりない環境らしいので、若手の裁量権はほんまにあるんだなぁとこの辺で実感します。(このサイズ感の会社にしてはという前提)

 2.How:どのようにしているの?

案件を担当するという場面において大きく「これやってね」と「これやりたい」が混在しており、配属当時(入社当初)は前者がほぼですが、下期に入った今では後者の割合もだいぶ増えてきました。

強い組織は株分けが早いなと思っていて、任せられる業務なら他者に任せて、各自を持ち案件に専念させている気がします。

やることを絞ることで各自の生産性の量と質を向上させて、結果的に組織としての生産性を最大化できています。

これは部分最適からの全体最適ですが、マネジメントコストが下がる分、密な連携が取れていないといけないなぁと思う今日この頃です。

案件に着手するという場面では、定量的にデータや定性的に人とも向き合っています。UXデザイナーには横断的に様々なスキルが必要です。

各自の選り好みがあるので社内にも「カスタマーインタビュー」「ビッグデータ」「カスタマージャーニーマップ」など様々なhowを用いる人がいます。

手法によって案件の登り方が異なるので、他人の案件を見るだけでも勉強になる職場です。

僕のやり方は、ざっと実際に触ってみて、なんか使いにくいな、と定性的に感じた部分をなぜ使いにくいかをメモしつつ洗い出します。

その後、特に大きな課題はどこで、本質的に何が悪いのか、ターゲットは誰なのか深掘っていきます。

そしてその画面の中での理想のユーザー体験(提供価値)とは何かを打ち出し、それに対応する具体的な解決策(how)を洗い出します。

ここは実はリーンキャンバスの思想を取り入れているのですが、個人的にはしっくりきているのでオススメです。

はじめにちゃんと見立てないと無駄なデータにまみれてしまったりと、時間を大きく食ってしまうのでここはしっかり決め切りたいところです。

そして見立てた上で、インタビューだったり、データと向き合ったりと、固めていきます。

そしてワイヤーフレームを作成して、絵に落とします。

ここでの絵はクオリティが高ければ高いほど良い、と僕は思っているので時間かけすぎない程度に割とちゃんと作っています。(勿論、後で要件をしっかり書き出してデザイナーに渡すのであれば全く問題ない)

ちなみに作ったワイヤーフレームは自分のスマホで確認するので、この段階で違和感の種類を減らしておきたいからクオリティを高めています。

違和感が「デザインが汚いからなのか」と「思想を満たせていないからなのか」は大きく意味が異なるからです。

とまぁざっくり話すとこんな感じになります。

3.社会人になって変化

まぁお金っすよね。

ただ座っているだけ(んなことするわけないが)でも当たり前に給料が支払われている環境ってやはり雇われる身の楽さにドン引いてしまいます。

ボーナスによって突然増える口座は麻薬的でいけないなぁと本気で思いました。

使うは使ったんですけどね。

これはいけない。

学生時代で極貧だった頃は喉が多少渇いただけでは口にすらしなかった水分を、今では当たり前にカフェなりなんなりで潤しにかかってしまっています。

我慢していた服だったり物への消費も多くなりました。

身分相応の消費は必要だと思いつつも、抑えようとブログを書きながら思う次第です。

あ、後輩はいつでもご飯をたかりに来てください。おごります。

冗談はこれぐらいにして、社会人になっての変化で個人的に一番大きいのは「無駄なことがかなりなくなった」という部分ですね。

学生時代はどこに注力するといいのかが分からないが故に、多方面に手を伸ばしがちです。

注力したとしてそこから何に優先順位をつけて実行したらいいのかも甘く、無駄な行動がやたら多いです。

結果、時間だけがただただ過ぎて、精神をすり減らして、嫌いな人も増えて。。

はい。

いやまぁ雇用されると「その会社にとって有益なこと」をするとよい、実にシンプルなことだけを考えるといいんですね。

何事も「集中と選択」が大事でして、やることがを絞れば絞るほどにスキルアップも早いです。

現に入社当初と比較すると、案件の対応スピードもだいぶ上がったんじゃないかなと思います。

そして抜け漏れていた観点を網羅できるようになったり、取り入れなきゃいけない思想に気付けたりと、振り返ると能力値の向上を感じます。

昔は失敗したことも今だったらこうするなぁ(ってかそもそもする必要ないな)と思えているので成長しているんじゃないでしょうか。

「集中と選択」は大事。

来年からはブログの更新頻度をもう少し上げよう。

人の道から外れたら、獣の道で遭難しかけた。

生きてます。

しょーりです。

さっきまで普通に山で遭難しかけていました。

人生って面白いですね。

どうしてそんなことになったかと言う話なんですけども、ここ最近、鬱々としていたんですね。

「あれ?ちゃんと生きられてないな?」

定期的にそう感じ、生を実感するために自然を通して自分と向き合う習慣が僕にはあります。

思い立てばすぐ行動。

ちょっくら自然に囲まれるために山へ。

一駅手前で降りるなどしつつも到着。

登ろうと思った山が違う山だったなどしつつも登山開始。

一人になりたかったので、人がいない道を選択。

普通に上級者コース。

装備品はスニーカー、フクロウのリュック、タオル、カメラ、携帯二台。

…。

登り始めました。

思考が始まります。 

何が心を乱しているんだろう。

心や感情が散らかっていたからでした。

人は何か強烈に心が動いたときに、それに引っ張られてしまうようです。

不味い物を美味しく食べていたけれど、ちゃんと美味しい物を食べたときに、美味しい物に囚われてしまいその前まで美味しく食べていたものから魅力が消える。

微かな期待を大きく裏切られたとき、異常な触れ幅に心が疲弊する。

そういう類のものです。

経験値は上書き保存のようでして。

枠から飛び抜けてしまった感情を、綺麗に整理し直すと、乱れた心も元に戻りました。

死ぬのに何のために生きるんだっけ。

考えては病むテーマです。

自分の知的好奇心を喜ばせ続けたい。

自身の感性を通して、体験に価値を見出していたい。

登山道の横に生えている、見向きもされないキノコ一つに、一喜出来る感覚はこれからも失わないようにしていきたい。

キノコも人に見られるために生えてはいない。

エゴでいいと思う。

それをすることに邪魔をされない環境、誰かの持つ面白い感性を殺させない環境。

それをつくらないといけないなと思った。

それによって誰かが救われる一方で、それによって自分が楽しく生きられる。

いいエゴだと思う。

夕方になり、一気に暗くなり始める。

アナグマが目の前を横切る。

イノシシが目の前を横切る。

凄いな、上級者コース。

そして登頂、時既に暗し。

60円も高い自販機を横目に、下山を開始。

同じ道で帰る気はなく、何なら初級者コースでゆったり帰ろうと思っていました。

暗いし、危ないし。

始まる下山に、同じタイミングで降りる人が。

駄目だ、駄目なんだ。

どうしてあなたたちも同じコースで下りるんだ。

気付けば、下りている別の上級者コース。

そして日は沈み。

誰もいなくなった。

山で遭難とかありえないっしょ。

そう考えていた頃が僕にもありました。

そんな僕も今では遭難しています。

なんて冗談が言えなくなるくらい、真っ暗な山道。

スーパー軽装備、これからスーパーに行くのかなみたいな格好です。

まず灯りがない。

そこで何よりも役立ったのがiPhone

人は灯りがないと不安になるというのは、こういうことねと思いました。

不安というのは心理的なのもありますが、シンプルに足下が見えていない恐怖感がえげつなかったんですね。

上級者コースって何が上級者かって道が整備されていないの一言に尽きるんですね。

道幅が60センチのとこだったり、訳の分からない凹凸だったりと。

明るいうちは「わぁ自然だぁ」なんて呑気なことを思っていましたが暗闇の中ではそんな余裕は皆無。

踏み外したら死ぬ!という思いのみで一歩一歩下りていきます。

夜道の恐怖とは違う感覚。

ありえん早さで横切ったイノシシが、脳裏を横切ります。

あいつ、初速から早かったぞ。

突進したらジャンプするしかないんか?

余計な恐怖が襲います。

そしてついには、「下山できなかったらどうしよう」と駄目な方向へ。

「遭難していたIT会社勤務の会社員、無事に救出。」

そもそも今働いている会社がIT会社でいいのかとか、こんなフクロウのリュック軽装備野郎が救助されたら叩かれまくるやん、と気が気じゃなくなります。

分かっていても外れてしまう自分を少し恨みつつも、けどこういう人って一定数はいるんだろうなと思いつつ。

「嗚呼、自分の役割はこういうことか。」と、腹落ちします。

どうせ道を外れるんだから、その道を整備してあげよう。

灯りをつけて、不安をなくしてあげよう。

そして同じような人が楽しめる道にしてあげよう。

だったら楽しいじゃん。

意図して外れた人も、意図せず外れた人も楽しめるじゃん。

と、思ったわけです。

そんなこんなでよく分からないテンションで下りていくと、麓の灯りが見えてきます。

頑張って生きよう。

そう改めて決心し無事に下山に成功。

行き道に見たロープウェイを発見。

「帰ってこれた」と一人すがすがしい気持ちと共に炭酸水で一服。

そんな一時の中で、目の前を若いカップルが軽装備のまま山の方へ通りすぎていきます。

「おいおいそんな軽装備だと遭難するぜ?」と笑いながら視線を見送りましたが、思わず二度見。

ロープウェイに笑いながら乗っていきました。

こんな時間にも動いているんですね。

下調べって大事だね。

蓋をしてはいけない臭いものもあることを社会に出て学んだ

身長が伸びました。
しょーりです。

思ったより久し振りの更新という事実に、月日が経ち過ぎている焦りを感じます。
社会人になり、あっという間に1Qが過ぎており、「気付けばオジサン」になってそうで怖いですね。

最近は会社でココアをキンキンに冷やして飲んだり、なぜか部長とハイタッチをしたり、何かある意味で安定感のある日々を過ごしております。

あれ?働くってこんなんでしたっけ?


まぁそれはさておき、割としっかり腹落ちしたことがありましてですね。
自分の長所短所を理解した上で、長所に振り切ればいいじゃないってのが往年からの僕の主張なわけですけども、それは少しは考え方を変えた方がいいなと思ったわけです。

自分で言うのもなんですが、昔から何かするときに何となくで何となくそれっぽいものにできる、というのが度々あります。
なのでゲームの説明書も読まないですし、何かを作るときも感覚的に作ります。
それ故に、何となく形にすることが出来る一方で、学習コストを支払わないと獲得できないモノは基本的に作れないわけですね。
プログラミングなんてまさにそれで、前提で仕組みをちゃんと理解していないとエラー祭りになるわけです。(なにその祭り)

「基本→発展」
これ、何事も当たり前なんですけど、
「いきなり発展」
をしてしまうんですね。
なんとなく出来てしまうんですね、生意気ですね。

それはそれでよしとして、何故に今回はそういう基本って大事よねって思ったかと言いますと、仕事でどえらい時間の消費をしてしまったんですね。
「○○やっといて」っていうことは基本的にはやらなければいけないですが、それは過去にやったことないことがほとんどな訳です。
だって新人だもの。
で、例のごとく自分で独自に筋道を立ててやっていたものの、完成物に何か腑に落ちない部分を感じていたんですね。
なんだかなぁという腑に落ちない気持ちを解消するために、過去事例を調べてみたら、なんていうことでしょう。
そこには綺麗な答えが載っていました。
多少アレンジは必要なものの、ほぼ完成物になり得るモノがあるんですね。
で、他の人もそれを使っているので、それをアレンジした方が他の人が使うとしても、学習コストが低くて圧倒的に便利なわけです。
そして、それをベースに使っていたら一瞬で作業も終わっていたわけです。

基本をすっ飛ばして自分のために自分の好きな方法で作業していたけれども、基本を知っていたら自分も他人もハッピーな結果になっていたのが今回の気付きでした。

少しはちゃんと基本を学ばないといけないなと思いましたとさ。

定量的なモノが自動化されるのに、定性的なモノが未だに活躍できない。

バジルを育て始めました。
どうも、しょーりです。

帰り道にふと考えていたのが表題の件なのですが。
ここ数年やれ人工知能だなんだと言うわけで、パターン化される仕事は全て自動化されていきますよという話は周知の事実だと思います。
テクノロジーによって人々の生活は簡略化され、クリエイティブに割ける時間が大きく増える、はず。
けど実際のところ、どう変わったんだろうと思うわけです。
個人のメディア化が助長され、インフルエンサーなるものの母数が増えたような気はします。
けれども思うわけです。
なんか、面白くない。

まだまだ本質的な部分に近付けていないと言いますか、結局それは今までの延長な気がしてなんともなんとも。
せっかくの自動化の上を、何故かなぞるようなむず痒さを感じるわけです。

かといって、定性的なモノは振れ幅が大きいので、評価も難しいわけで。
故に評価をする側も評価を避けて、元ある評価基準でしか評価できないので、伸びない定性的事象。

評価が難しいモノの評価が当たり前にされるようになることこそが、シンギュラリティの世界で生きることになるだろうと思うわけです。

抽象度の高い空気のモワモワみたいな思考をしていたら、伝わらなすぎて困っているそんな今日この頃です。

まぁ敢えてしてるんですけどね。

就職先にはやりたいことより、やりたくないことを認めてくれるかどうかを。

スーパー連休ことGWをまっとう中でございます。
しょーりです。

就職活動真っ只中の後輩もチラチラいるので少しでも為になればなと思い、就職してから一ヶ月の気付きお伝えしようと思います。

僕はやりたいことをやらせて貰える(俗に言うボトムアップ)文化に惹かれて今の会社へ入社しました。

そういうポジティブな動機は必要であると同時に、ネガティブな動機も持ち得た方がいいかなと思います。

一般的に
「~したい」
というポジティブな動機に関しては、企業も寛大に受け入れがちです。
その人のモチベーションや能力が最大化されるのであれば、生産性も最大化へ近近付くからです。

逆に
「~したくない」
というネガティブな動機に関しては、雇われているという立場において、遂行の強制力が働きます。

「~したい」は未来の話ですが、「~したくない」は目の前の話として捉えることができます。

そして大体の「~したい」は今やってることの延長戦にあることが多いので、やろうと思えば工夫することでやれます、ぶっちゃけ。

ですが「~したくない」はもうどうしようもありません。
やれと言われればやらざるをえません。
やりたくないことならやれなくはないですが、出来ないことは出来ないものです。

歌詞とかで「出来る出来ないじゃなくて、やるかどうか」的な歌詞は多いですが、そんなマッチョな思考は入らないわけでして。

足を骨折してる人にダッシュをしろと言っても、たぶんめちゃくちゃ頑張れば走れなくはないけど、絶望的に悪化するわけで。

人によっちゃあそのレベル感のことはあるわけです。

詳細は書けませんが、入社早々僕にもそういう類の問題が直面したわけです。

ただ恵まれていました。

この問題によって一般的には考えられないレベルで病みましたが、無事に持ち直しております。

そういうわけで、やりたくないことを認めてくれる会社って超尊いというお話でした。

それではまた次回。