人の道から外れたら、獣の道で遭難しかけた。

生きてます。

しょーりです。

さっきまで普通に山で遭難しかけていました。

人生って面白いですね。

どうしてそんなことになったかと言う話なんですけども、ここ最近、鬱々としていたんですね。

「あれ?ちゃんと生きられてないな?」

定期的にそう感じ、生を実感するために自然を通して自分と向き合う習慣が僕にはあります。

思い立てばすぐ行動。

ちょっくら自然に囲まれるために山へ。

一駅手前で降りるなどしつつも到着。

登ろうと思った山が違う山だったなどしつつも登山開始。

一人になりたかったので、人がいない道を選択。

普通に上級者コース。

装備品はスニーカー、フクロウのリュック、タオル、カメラ、携帯二台。

…。

登り始めました。

思考が始まります。 

何が心を乱しているんだろう。

心や感情が散らかっていたからでした。

人は何か強烈に心が動いたときに、それに引っ張られてしまうようです。

不味い物を美味しく食べていたけれど、ちゃんと美味しい物を食べたときに、美味しい物に囚われてしまいその前まで美味しく食べていたものから魅力が消える。

微かな期待を大きく裏切られたとき、異常な触れ幅に心が疲弊する。

そういう類のものです。

経験値は上書き保存のようでして。

枠から飛び抜けてしまった感情を、綺麗に整理し直すと、乱れた心も元に戻りました。

死ぬのに何のために生きるんだっけ。

考えては病むテーマです。

自分の知的好奇心を喜ばせ続けたい。

自身の感性を通して、体験に価値を見出していたい。

登山道の横に生えている、見向きもされないキノコ一つに、一喜出来る感覚はこれからも失わないようにしていきたい。

キノコも人に見られるために生えてはいない。

エゴでいいと思う。

それをすることに邪魔をされない環境、誰かの持つ面白い感性を殺させない環境。

それをつくらないといけないなと思った。

それによって誰かが救われる一方で、それによって自分が楽しく生きられる。

いいエゴだと思う。

夕方になり、一気に暗くなり始める。

アナグマが目の前を横切る。

イノシシが目の前を横切る。

凄いな、上級者コース。

そして登頂、時既に暗し。

60円も高い自販機を横目に、下山を開始。

同じ道で帰る気はなく、何なら初級者コースでゆったり帰ろうと思っていました。

暗いし、危ないし。

始まる下山に、同じタイミングで降りる人が。

駄目だ、駄目なんだ。

どうしてあなたたちも同じコースで下りるんだ。

気付けば、下りている別の上級者コース。

そして日は沈み。

誰もいなくなった。

山で遭難とかありえないっしょ。

そう考えていた頃が僕にもありました。

そんな僕も今では遭難しています。

なんて冗談が言えなくなるくらい、真っ暗な山道。

スーパー軽装備、これからスーパーに行くのかなみたいな格好です。

まず灯りがない。

そこで何よりも役立ったのがiPhone

人は灯りがないと不安になるというのは、こういうことねと思いました。

不安というのは心理的なのもありますが、シンプルに足下が見えていない恐怖感がえげつなかったんですね。

上級者コースって何が上級者かって道が整備されていないの一言に尽きるんですね。

道幅が60センチのとこだったり、訳の分からない凹凸だったりと。

明るいうちは「わぁ自然だぁ」なんて呑気なことを思っていましたが暗闇の中ではそんな余裕は皆無。

踏み外したら死ぬ!という思いのみで一歩一歩下りていきます。

夜道の恐怖とは違う感覚。

ありえん早さで横切ったイノシシが、脳裏を横切ります。

あいつ、初速から早かったぞ。

突進したらジャンプするしかないんか?

余計な恐怖が襲います。

そしてついには、「下山できなかったらどうしよう」と駄目な方向へ。

「遭難していたIT会社勤務の会社員、無事に救出。」

そもそも今働いている会社がIT会社でいいのかとか、こんなフクロウのリュック軽装備野郎が救助されたら叩かれまくるやん、と気が気じゃなくなります。

分かっていても外れてしまう自分を少し恨みつつも、けどこういう人って一定数はいるんだろうなと思いつつ。

「嗚呼、自分の役割はこういうことか。」と、腹落ちします。

どうせ道を外れるんだから、その道を整備してあげよう。

灯りをつけて、不安をなくしてあげよう。

そして同じような人が楽しめる道にしてあげよう。

だったら楽しいじゃん。

意図して外れた人も、意図せず外れた人も楽しめるじゃん。

と、思ったわけです。

そんなこんなでよく分からないテンションで下りていくと、麓の灯りが見えてきます。

頑張って生きよう。

そう改めて決心し無事に下山に成功。

行き道に見たロープウェイを発見。

「帰ってこれた」と一人すがすがしい気持ちと共に炭酸水で一服。

そんな一時の中で、目の前を若いカップルが軽装備のまま山の方へ通りすぎていきます。

「おいおいそんな軽装備だと遭難するぜ?」と笑いながら視線を見送りましたが、思わず二度見。

ロープウェイに笑いながら乗っていきました。

こんな時間にも動いているんですね。

下調べって大事だね。

蓋をしてはいけない臭いものもあることを社会に出て学んだ

身長が伸びました。
しょーりです。

思ったより久し振りの更新という事実に、月日が経ち過ぎている焦りを感じます。
社会人になり、あっという間に1Qが過ぎており、「気付けばオジサン」になってそうで怖いですね。

最近は会社でココアをキンキンに冷やして飲んだり、なぜか部長とハイタッチをしたり、何かある意味で安定感のある日々を過ごしております。

あれ?働くってこんなんでしたっけ?


まぁそれはさておき、割としっかり腹落ちしたことがありましてですね。
自分の長所短所を理解した上で、長所に振り切ればいいじゃないってのが往年からの僕の主張なわけですけども、それは少しは考え方を変えた方がいいなと思ったわけです。

自分で言うのもなんですが、昔から何かするときに何となくで何となくそれっぽいものにできる、というのが度々あります。
なのでゲームの説明書も読まないですし、何かを作るときも感覚的に作ります。
それ故に、何となく形にすることが出来る一方で、学習コストを支払わないと獲得できないモノは基本的に作れないわけですね。
プログラミングなんてまさにそれで、前提で仕組みをちゃんと理解していないとエラー祭りになるわけです。(なにその祭り)

「基本→発展」
これ、何事も当たり前なんですけど、
「いきなり発展」
をしてしまうんですね。
なんとなく出来てしまうんですね、生意気ですね。

それはそれでよしとして、何故に今回はそういう基本って大事よねって思ったかと言いますと、仕事でどえらい時間の消費をしてしまったんですね。
「○○やっといて」っていうことは基本的にはやらなければいけないですが、それは過去にやったことないことがほとんどな訳です。
だって新人だもの。
で、例のごとく自分で独自に筋道を立ててやっていたものの、完成物に何か腑に落ちない部分を感じていたんですね。
なんだかなぁという腑に落ちない気持ちを解消するために、過去事例を調べてみたら、なんていうことでしょう。
そこには綺麗な答えが載っていました。
多少アレンジは必要なものの、ほぼ完成物になり得るモノがあるんですね。
で、他の人もそれを使っているので、それをアレンジした方が他の人が使うとしても、学習コストが低くて圧倒的に便利なわけです。
そして、それをベースに使っていたら一瞬で作業も終わっていたわけです。

基本をすっ飛ばして自分のために自分の好きな方法で作業していたけれども、基本を知っていたら自分も他人もハッピーな結果になっていたのが今回の気付きでした。

少しはちゃんと基本を学ばないといけないなと思いましたとさ。

定量的なモノが自動化されるのに、定性的なモノが未だに活躍できない。

バジルを育て始めました。
どうも、しょーりです。

帰り道にふと考えていたのが表題の件なのですが。
ここ数年やれ人工知能だなんだと言うわけで、パターン化される仕事は全て自動化されていきますよという話は周知の事実だと思います。
テクノロジーによって人々の生活は簡略化され、クリエイティブに割ける時間が大きく増える、はず。
けど実際のところ、どう変わったんだろうと思うわけです。
個人のメディア化が助長され、インフルエンサーなるものの母数が増えたような気はします。
けれども思うわけです。
なんか、面白くない。

まだまだ本質的な部分に近付けていないと言いますか、結局それは今までの延長な気がしてなんともなんとも。
せっかくの自動化の上を、何故かなぞるようなむず痒さを感じるわけです。

かといって、定性的なモノは振れ幅が大きいので、評価も難しいわけで。
故に評価をする側も評価を避けて、元ある評価基準でしか評価できないので、伸びない定性的事象。

評価が難しいモノの評価が当たり前にされるようになることこそが、シンギュラリティの世界で生きることになるだろうと思うわけです。

抽象度の高い空気のモワモワみたいな思考をしていたら、伝わらなすぎて困っているそんな今日この頃です。

まぁ敢えてしてるんですけどね。

就職先にはやりたいことより、やりたくないことを認めてくれるかどうかを。

スーパー連休ことGWをまっとう中でございます。
しょーりです。

就職活動真っ只中の後輩もチラチラいるので少しでも為になればなと思い、就職してから一ヶ月の気付きお伝えしようと思います。

僕はやりたいことをやらせて貰える(俗に言うボトムアップ)文化に惹かれて今の会社へ入社しました。

そういうポジティブな動機は必要であると同時に、ネガティブな動機も持ち得た方がいいかなと思います。

一般的に
「~したい」
というポジティブな動機に関しては、企業も寛大に受け入れがちです。
その人のモチベーションや能力が最大化されるのであれば、生産性も最大化へ近近付くからです。

逆に
「~したくない」
というネガティブな動機に関しては、雇われているという立場において、遂行の強制力が働きます。

「~したい」は未来の話ですが、「~したくない」は目の前の話として捉えることができます。

そして大体の「~したい」は今やってることの延長戦にあることが多いので、やろうと思えば工夫することでやれます、ぶっちゃけ。

ですが「~したくない」はもうどうしようもありません。
やれと言われればやらざるをえません。
やりたくないことならやれなくはないですが、出来ないことは出来ないものです。

歌詞とかで「出来る出来ないじゃなくて、やるかどうか」的な歌詞は多いですが、そんなマッチョな思考は入らないわけでして。

足を骨折してる人にダッシュをしろと言っても、たぶんめちゃくちゃ頑張れば走れなくはないけど、絶望的に悪化するわけで。

人によっちゃあそのレベル感のことはあるわけです。

詳細は書けませんが、入社早々僕にもそういう類の問題が直面したわけです。

ただ恵まれていました。

この問題によって一般的には考えられないレベルで病みましたが、無事に持ち直しております。

そういうわけで、やりたくないことを認めてくれる会社って超尊いというお話でした。

それではまた次回。

葉っぱを食べたいんや

気付けば葉桜になり始めていますね。
しょーりです。

何となくパスタを作っていて、茹でてる途中に野菜がないことに気付きました。

彩りもなく膨れ上がったパスタに、胸焼けをしつつも、買い出しに行かねばなぁという気持ちです。
と言いつつも、ルッコラとかバジルとかなら、家でできるのでは?と思い、育てようと思い立つわけです。

そしてこいつです。


f:id:mrshoritv:20170408222220j:plain

世の中便利なものです。
ちなみに中身はこんな感じです。


f:id:mrshoritv:20170408222347j:plain

この箱、使い終えたら燃やせるのは勿論のこと、埋めたら自然に分解されるようです。
エコみが深い。



f:id:mrshoritv:20170408222526j:plain


これよく見ると。。


f:id:mrshoritv:20170408222557j:plain

VRゴーグルっぽくないですか?
将来的に機械でさえも、自然に帰する世界がくるのではないでしょうか。
知らんけど。



f:id:mrshoritv:20170408222802j:plain

これらが内包されてる種子だそうで。


f:id:mrshoritv:20170408222849j:plain

どれがどれだか分からぬ。
ということで、乱雑に蒔いておきました。


f:id:mrshoritv:20170408223646j:plain

圧倒的な当事者意識と同時に芽生えてくれように魔法のタンブラーを用いて散水しました。
二週間後には食べれるサイズになるようです。



f:id:mrshoritv:20170408223215j:plain


さて、芽吹くのでしょうか。
植物を生活に取り入れて、心おだやかに生きたい。

新入社員になる前日の人間が、活動的な学生に伝えたいことをまとめた。

入学式や入社式、4月といえばまさに節目の季節ですね。

どうも、しょーりです。

 

学生生活を基本的に課外活動とかいう、なんちゃって社会人ごっこで過ごして、短くも長い大学生活を終わらせた僕ですが、ついに正式な社会人になれる模様です。

改めて自分のしてきたことを振り返ったのですが、まぁ社会人ごっこなこと、と思ったので、それを活動的に頑張ってる学生に届けられたらいいなと思い、文字を打っているわけであります。

入 社 式 の 前 日 に。 

後日また詳細は書こうと思うのですが、やってきたことをさらっと時系列で洗い出して一言添えつつ、意味があったのかを振り返ります。(有or無)

高校3年生「社会の片鱗を見る」

・社団法人の運営する起業家育成のイベントなどに顔を出す(有)

→高校生が見る機会のない空間でめちゃくちゃ新鮮だった

・学生団体が運営するイベントなどに顔を出す(有)

→大学生の人たちってこんなに楽しいんだと思った

・学校で論文を書くときに初めてしっかりとビジネスプランを考える(有)

→サービスの母数が引くぐらい小さくて笑う

知的好奇心の赴くままに色んな所に顔を出すようになります。ちなみに初めて駅員さんに道を聞くことが出来るようになったのがこの頃です。そうです、重度の対人恐怖症でした。

 

大学1年生「バリ意識高くなる」

・取材団体に入る(無)

→高3時に行ったイベントで仲良くなった人に誘われて立ち上げ時に入る

・ビジネスプランコンテストの運営になる(無)

→大学生活1ヶ月目に想像と違いすぎて自分の居場所を求めて入る

・横の繋がりを結ぶためのコミュニティを作る(有)

→1年生で活動的な学生の母数が少なかったので居場所を作りたかった

・ビジネスプランコンテストの運営をやめる(有)

→コミュニティの活動に専念しようとする

・コミュニティの人間でイベント開催をしようとする(無)

→9割の人間に後ろ指を指されて解散

・取材団体の代表になる(無)

→前代表から引き継ぐも本部の社会人に解散を命じられて解散

大阪府と共同で就職支援サービスの開発に携わる(有)

→自分の企画者の無能っぷりを実感するも課題などに気付く

・起業家イベントで出会った人たちと起業準備を始める(有)

→受託やリクルーティングイベントを開催する

自分で言うのも何ですが1年生の時は、意識高すぎて気持ち悪いですね。何が気持ち悪いって意味のないことをしすぎ。関西のまだ1年生という活動的な学生がいない中では、だいぶ有名な学生だったと思います。(よくない意味で)

既に胸焼けしそうですが、次に行きましょう。

 

大学2年生「人嫌いになる」

・起業する(無)

→所謂よくある学生の下請け会社みたいなのを始めました

・某エナジードリンクのアンバサダーになる(無)

→関西の進出に踏み込めていなかったので手伝っていた

・学生のセレクションブランドを作ろうとする(無)

→多くのブランド企業の人たちと喋るも学生に高く売りつけることしか考えていない

・食料品の商品開発をする(無)

→プランを出すも機材がない

・ファンションショーの手伝い(無)

→安い労力として利用されたなって思う

・中小企業の運営するビジネスプランコンテストに優勝する(無)

→理念だ何だって話と全株よこせ的なサムシングスで揉める

・住み込みでインターンする(無)

→精神的に殺されかける

多分一番尖っていた頃で、ITベンチャーにサマーインターンをするのが一般化し始めていたけど、あいつら行くなら逆に行きたくなかったとかいうよく分からない時期。ゴミっぽいレベルでも企画の精度が出てきたり、結果出してたり自己肯定感の塊だった。誰かに足を引っ張られるなら、一人でいいと思い始める。

 

大学3年生「人嫌いになる」

・企業とコラボしてメディアを作る(無)

→サイトの制作以外は自分のアイディアで作り記事も作成する

・一人でメディアを作る(有)

→自分の興味関心のあった日本の伝統芸能ポップカルチャーに関するメディアを作る

・イベントコンペに出場する(無)

→なんかゴタゴタして終わる

・冷静になってIT,ベンチャーのサマーインターンに応募する(有)

→1企業を除き面接全落ち

ハッカソンに出る(有)

→制作スキルがない自分の無能さを実感する

・クリエイター系のメディアを作る(有)

→めっちゃ楽しかった

・エンジニアとサービスを作り始める(有)

→釣りに関するwebサービスを作り始める

バイラルメディアの運用(有)

→制作から数値管理まで行う

・VCに会う(有)

→相手にされない

シリコンバレーに行く(有)

→自分の遥か上の人間と喋りちっぽけさとITの可能性を感じる

客観的に自分を見つめ直すことが多かった時期でした。資金面の問題とか精神面の問題とか、色々な障壁が延々とあったなと思う。

 

大学4年生

・起業する(有)

→自分の会社を立ち上げる

・政策金融に資金を調達しに行く

→余裕で無理でした

今までしてきたことってどこまでも微力だったなと思いました。例えばどこかにインターン行くのはそれなりに環境が整っているわけで、本当の意味で0からやることの難しさとしんどさを知りました。

 

と、ざっくり書くとこんな感じです。(詳細書きたくねぇ。。)

色々やってきた中で思うのは、やってきたことのほとんどは無駄だったなということです。

何かこう、本とかお偉いさんの言葉とかに「無駄なことはない!思考方法から変えよう!」みたいなモノがありますけど、僕は基本的には無駄なことをわざわざポジティブに捉える必要がないと思っています。

考えようによっちゃあネガティブな事象からでも学びを得ることができますが、じゃあそれに費やしたコストはどうなんだってところが重要です。

具体的には費やした時間や資金、メンバーと喧嘩別れしたかとか、様々な要因があります。

それらを踏まえた上で、リターンを得ることができているのかを考えたいものです。

特に学生生活は色々できることができるので、「それが本当にしたいことなのか」は特に意識した方がいいと思います。

僕に関して言うと、元から起業をしたかったはずなのに、気付けば関係無い活動ばっかりしてしまっていたので、後悔が凄いです。

もしも一年生に戻るなら、確実にIT系の会社でインターンします。それで実務能力(特に企画とプログラミング)をつけて、社会の流れを知った後に自ら会社を起こすと思います。

ここも気を付けて欲しいのですが、仕方ないですが活動的な学生で能力がある人は稀で、基本的に情熱で動いています。

そこに対して応援してくれる人もいますが、それを悪用しようという人も沢山いることを知っていて欲しいです。

中途半端によく分からない社会人と関わってしまうと、ずるずると関係性を続けてしまいます。

そのことによるデメリットとして、他の人と比較することができなくなり、自身の求める成長の方向性が狂う上に浅くなりがちです。

その人自身が本当に尊敬できる人なのかを考えてください。

学生の自分と相対的に凄い人なのかではなく、その分野でどうなのかという部分に注目してください。

学生で社会を知らないと、社会人に対して凄い人バイアスがかかってしまいます。

それ、本間にやめましょうね。

誰も教えてくれなかった暗黙の社会のルールなのですが、明日から社会人になる僕が伝えたいのは極論言うとただ一つ。

大体の社会人は大したことない」ということです。

この記事を読んでいる学生には伝えたい。

今、君は情熱的に何かしらの活動をしていると思いますが、その社会人は同い年の時には何をしていたのだろうか、何てことを考えたことはあるだろうか。

同じような経験をその人がしていたことがあれば、その苦労を知っているからこそ、適切なアドバイスや批判をしてくれるはずです。

僕も様々な先輩方に助けてもらったことがありますが、なぜしてくれたのかを聞いたことがあります。

答えは簡単でした。

「私もされてきたから」

このような流れというのは世代ごとに受け継がれています。なので僕もしています。理由は簡単です。

「僕もされてきたから」 

ですが、このような流れを知らない人が大多数です。

君の活動に対して、理解をすることが出来ずにマウンティングし、攻撃をする人も少なくないです。

本当にその人と関わる必要があるのかを吟味し、必要がないのであれば離れましょう。

そして流れのある界隈を探しましょう。

聖書に面白い言葉があって紹介したいのですが、

いばらの中に落ちた種は咲かない

というものがあります。

いくら君が素晴らしく社会を変えるような人材であっても、それが然るべき評価を得られない場所であれば、日の目を見ずに終わってしまいます。

しょうもない人間に足を引っ張れられないように、注意をしてください。

仲間集めも同様に注意をしてください。

君が優秀であればあるほど、何かをしたいと何もできない人間は集まってきます。

そして彼らは同じように言います。

「君がダメだから僕は何もできない」

すぐに人のせいにして、内部を荒らして、傷をつけて去っていきます。

自分のしたいことにその人が必要なのか、できる人間なのか、ちゃんと考えましょう。

 

書いてる間に前日から当日になってしまいました。

遅刻をしないようにそろそろおちようと思います。

では、また近々。